2014年02月09日

" 1st gate " MV

久しぶりにビジュアライザのプラグインを使ってみたら何だかイイ雰囲気だったのでアゲてみた。
今回は無編集。。。

" 1st gate " from Takuya Minakawa on Vimeo.


youtube版はコチラ





posted by tt-vox at 21:22| diary? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月31日

As for you my endorphin...(re-edit "next holiday 弐 -The Card -As for you my endorphin..."Production date 2007-08-22)




君の創る
DNAのニ重螺旋な
造形物に触れる度
その瞬間に
ロマンチックの欠片も無い僕の中枢は
じりじりと弱い電流を発生させて
光合成の乏しい前頭葉へと伝わりて
見境もなく温もりを欲してしまうのです

やがては全ての臓器が活性化
X線を打ち破り
∞線なスキャンで
散乱していた想を採集
ナノサイズに調整してみたら
何故だか涙が零れ落ち…

いつの日か再び
限られた僕の休日の中
神々が黄昏する空の下で
君に触れ合いたいと
思い願いました


-進化論的認識論-

有各種原因,是窮人在我的心・・・

・・・何時かまた・・・

cardo2.jpg
posted by tt-vox at 03:20| Sound | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月21日

the muscat blues~purple people~ (re-edit "7colors〜The Muscat blues~"Production date 2008-04-24)




一分一秒の狂想曲
私の顔を覚えているか?
一期一会の協奏曲
私の名前を知ってるか?
順風満帆相対論
なら大きな声で名指して共に生きてくれ
これは愛の告白みたいなモノではない囁かな脅迫だ
太陽暦の未来像
枯れて剥がれて落ちて搾汁…最後に残るは丸裸の核
紫煙に包まれ長い夜のお遊戯会にて
斬新醸造の夢街道は朽ち果ててからのお楽しみ
なのだから連なる房にもなれず見逃して行くのならば
せめて哀れんでから走馬燈に明かりを燈し
螺旋状に巻いた針金を差し込まれて聖餐式で飲み干されよ
iro003.jpg
posted by tt-vox at 03:12| Sound | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月31日

-無題#04-


とっても永く感じた2013~

may2014.jpeg

2014はやや早馬な感じでッ



posted by tt-vox at 16:36| diary? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月29日

Punto y Raya Festival 2014!!

というアイスランドのReykjavík Visual Music Festivalでのイベントにて
楽曲提供していたビデオ作品が来年の一月に上映されるようです。
ゲストのライヴパフォーマンスやら46カ国からの約500の出展物やらいろいろ目白押しフェスの
今回のテーマは「点と線」とのことで実は自分も個人的にビデオを作ってみようと
挑戦してはみたものの結果は前回の記事のとおりである。。。
しかしアイスランド…一度は行ってみたいところだけれどパスポート更新し忘れてた。。。

Punto y Raya Festival 2014
-Light Birds-3'28'' ・ video comp. ・ colour 2010 | Buenos Aires, Argentina

Light birds from Laura Focarazzo on Vimeo.


Reykjavík Visual Music ・ Punto y Raya Festival 2014 | Teaser from Punto y Raya Festival - dot&line on Vimeo.

A feast of pure Colour, Motion and Sound. Non-representational Art takes the lead at Reykavík Visual Music – Punto y Raya Festival, which will take place from January 30th to February 2nd 2014 at HARPA, the Reykjavík Concert Hall and Conference Center.

The programme features live performances by major artists like Ryoji Ikeda and Ryoichi Kurokawa; specially commissioned opening concerts by Sigurður Guðjónsson + Anna Þorvaldsdóttir & Bret Battey + Hugi Guðmundsson; guest Austrian and Polish Film panoramas, and the selected works in the international live set & short-film Competitions, which brought together nearly 500 artists from 46 countries.

Parallel activities include the "Cadences of Colour and Line" exhibit at Listasafn Reykjavíkur (Reykjavik Art Museum, from February 1st to April 13th) and the "2014 Academy Programme", featuring workshops open to local students and tutored by renowned professionals in the field.

Co-produced by RCVM [Reykjavík Center for Visual Music, Iceland] and MAD [Moviment D'Alliberament Digital, Barcelona·Spain].
All info at www.puntoyrayafestival.com | www.rcvm.is

Design, animation & Direction: Guillermo Daldovo | www.malevo.tv
Edition & errors: Bernard Arce | www.bernardarce.com
Producer: Sonia Figuera
Music: Raúl Santos_SupercineXcine | soundcloud.com/superx




posted by tt-vox at 00:25| diary? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。